感動を与える広告は専門業者に任せよう

DVD制作の注意

コンテンツをいかに纏めるか

メディアコンテンツ等で映像、DVD制作しようとする企業や個人の方も多いのではないでしょうか。 口で説明するより手間が省けますし 何より伝えたい事が映像なら的確に伝える事が出来ます。 しかし反面DVDと言う容量の関係性を考えると余り長い動画や、逆に短くまとめようとして肝心の内容が取り留めなく、伝えたい事が上手く伝わらない そんな内容のDVD制作になってしまう可能性もあります。 動画と言う分野をいかして、いかにメッセージを伝えるのか。 DVD制作は今ではコストも非常に安く安易に行う事が出来ます。 場合によっては動画作りの方に資金が掛かる可能性も出てきます。 まず、具体的にメディアコンテンツとして何を伝えたいのかを 明確してからDVD制作をしなければ、むしろその存在逆効果となってしまうかもしれません。

短すぎず長すぎずの動画

DVD制作の次に重要なのは、動画の時間です。 コンテンツの内容にもよりますが、説明的で長すぎた場合は 理解出来ずに終わってしまう、そんな経験もあるかと思います。 短くても、理解が出来ず何を伝えないのか分からなかった、そんな経験も あるのではないでしょうか。 伝えたい事をより確実に、そしてテンポ良く見せるのが DVD制作の重要なポイントとなってきます。 人がただ出演し話し続けるだけではなく、何か図を導入したり 少し工夫をするだけで口で喋らなければならない事を省略し 聞かせるだけではなく、映像を見せる事に重点を置けば自然とテンポの良い 動画制作が出来ます。 完成した動画を見直して、少しでもテンポが悪いと思えば 視聴する側も同じ事を思うはずです。 短すぎず長すぎず、伝えたい事のみを集約したDVD制作を行うと バランスの良い動画作りが出来るでしょう。