感動を与える広告は専門業者に任せよう

電話を利用

テレマーケティングの動向について

テレマーケティングは、電話を使ってセールスを行う営業手法です。一般にインバウンドとアウトバウンドの2種類にわかれ、インバウンドの場合には、テレビショッピングやカタログ通販などの注文の応対を行うことで、アウトバウンドは用意されたリストをもとにオペレーターが営業活動を行うというものです。 どちらも電話を利用して行う活動のため、通常の営業活動などに比べて低コストであり、多くの分野で使われています。しかし、テレマーケティングの多くは、自社で行うのではなく専門のテレマーケティング会社に業務を委託するアウトソーシングで行われるのが一般的です。これはテレマーケティングを行う上でオペレーターや設備を整える必要があり、自社で用意するよりもアウトソーシングをするほうが低コストなためです。

テレマーケティングのトレンドは、アウトソーシングが中心となっており、いずれも大量の人員確保をする必要があり事業規模が大きくなっています。 その一方でテレマーケティングは電話で行う事業のため、人件費の安い地方にコールセンターを設けている場合があります。また1箇所のコールセンターではなく複数のコールセンターを用意し、自動的に電話を配分する方法も行われています。分散するメリットとしては、天災や停電などのアクシデントに対応することができ、継続してテレマーケティングを行うことができます。 また近年は、24時間対応しているところもあり、特に深夜のテレビショッピングなどのインバウンドを行う上で欠かせない存在となっています。